NEWS

vol.8:ECサイト(前編)

こんにちは、アローズです。
 
日に日に暖かさが増し、春を感じる日が多くなってまいりました。
 
寒さがやわらぐだけでほっとひと息つける気がしますね。
 
今回のアローズ通信では、「ECサイト」についてご紹介いたします。
 

 
皆さまは、ECサイトを利用したことがありますか?
 
聞き馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、オンラインショップ、ネット通販、ネットショップとほぼ同じ意味を持っています。
 
近年、EC(電子商取引)の需要は格段に増加しています。
 

 
上の図は、経済産業省が2020年7月に公開した国別のEC市場規模をグラフにしたものです。
 
2019年度のEC市場規模は、中国が1.9兆USドル(約204兆円)であり、第2位のアメリカとは3倍以上。
 
圧倒的に世界1位の市場になります。
 
中国ECが急速に成長した大きな要因のひとつとして、キャッシュレス化の普及があげられます。
 
また、日本におけるEC市場規模も、前年度より伸びていることがわかります。
 

 
上の図は、国内におけるEC市場(物販系)の推移グラフです。
 
2019年の市場規模は前年比8.09%増の10兆515億円。
5年前からすると約1.5倍に拡大しました。
 
EC市場はすでに百貨店の市場規模の約6.3兆円やドラッグストアの市場規模の約6.8兆円を超えており、コンビニの市場規模約12.2兆円に迫る勢いです。
 

 
今後、日本においてもEC市場はますます広がっていくことが予想されますが、より多くの企業のオンライン化、シニア層へのキャッシュレス普及、食品業界など他分野でのEC参入などが進むと更なる発展が見込めるのではないでしょうか。
 
  
次回のアローズ通信も引き続き、「ECサイト」をテーマに配信いたします。
 
コロナ禍におけるECの需要と弊社ECサイトについてご紹介する予定です。
 
次回もよろしくお願いいたします。
 

 
 

contact

ご相談、お問い合わせはこちら