NEWS

vol.18:中国で急増する新型コロナウィルス

今、中国国内で新型コロナウィルスの感染者が増えています。
 
今後の感染拡大にともなう中国政府の政策次第では、生産・運送に影響が出るようになり、納期の遅れが生じてしまう可能性があります。
 

 
中国の福建省で、9月12日には22人だった新規感染者が、翌日9月13日には59人にまで拡がりました。
9月14日には50人の感染者が確認され、福建省では3日間で合計131人の市中感染が報告されました。
 

 
中国では福建省内のさらなる感染拡大を防ぐため、厦門市民・泉州市民全員にPCR検査を行うことが決定しました。
 
それとともに体温検査・マスク着用の要求が厳しくなり、学校では休校措置も取られています。
 

 
各地区ごとに自己封鎖で厳しく検査管理しており、トラック・車は厦門港まで運送できますが、48時間以内の陰性証明書が必要となっています。
 
①崇武地区・南安地区・同安地区・章浦地区・康美地区
封鎖されるエリアが出ています。
体温検査、検問が厳しくなりましたが、今のところ、工場の生産停止、貨物の運搬等に問題は出ていません。
 
②泉港地区
泉州や蒲田に近い、AG98の産地です。
高速のインターが封鎖されています。
体温検査、検問が厳しくなっています。
現状では生産中のAG98の製品の出荷に問題が生じる可能性があります。
 

 
このことから、ほかの地域などでも移動制限や封鎖が増えてくるのではないかと予想されています。
 
また、数か月前から続いているコンテナ不足による船の遅延は、現在も解消されておりません。
世界的な港湾の混雑により、しばらくの間は遅延が続くものと考えられております。
 
現在、海外からの船および香港を経由する国内船の船員は各港で全員PCR検査を受けることが義務付けられています。
問題がなければ時間的なロスは少なく済みますが、発熱などの症状が見受けられた場合、長期間足止めされることになるようです。
 
急ぎの案件がありましたら、お早めにご注文いただけますようよろしくお願いします。
 
アローズでは、引き続き中国と連絡を取り合いながら状況把握に努めてまいります。
 

 

contact

ご相談、お問い合わせはこちら